So-net無料ブログ作成
スポンサーリンク
生活情報 ブログトップ
前の1件 | -

人体には無害?蚊取り線香の持続時間と範囲について [生活情報]

人体には無害?蚊取り線香の持続時間と範囲について


暑い日が続いています。


こんな時に厄介なのは、やはり蚊に刺されることですよね。

蚊に刺されると赤く腫れあがるし、かゆくてかゆくて我慢できません。

大人ならいいんですが、小さい子供が刺されてしまうとかわいそうですよね。

蚊の予防のためには、やはり蚊取り線香が有効です。



締め切った部屋の中で使うのには、リキッドタイプが良いようですが、風通しのいいところや、屋外で蚊よけに使うのには、リキッドタイプよりも蚊取り線香の方が効果が高いです。

蚊取り線香というと、殺虫成分が入っているので、人体への影響を心配する人がいますが、この殺虫成分は除虫菊という草に含まれているピレトリンという物質です。

もしくはピレトリンに似せて作った化合物です。

ピレトリンは昆虫には殺生能力を発揮しますが、



スポンサーリンク







哺乳類などの恒温動物には無害なので、人だけではなく、猫や犬、インコなどのペットにも安心です。

でもカブトムシやクワガタには殺虫成分が効いてしまうので注意しましょう。



蚊取り線香の効果が持続するのは、火が点いてから消えるまでです。
持続時間は製品によって変わるので購入時に良く確かめてみましょう。





スポンサーリンク







殺虫効果が及ぶ範囲は大体半径2mから3m程です。
直径5m位は大丈夫でしょう。

上手に蚊取り線香を使って、快適な夏をお過ごしください!




スポンサーリンク


前の1件 | - 生活情報 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。